借金する人の特徴~そのお金、何に使うの?

誰にも知られず、こっそりとお金を借りれるということはとても便利なものです。

借金を一度もしたことのない人は、借金を汚らわしいものと考えてます。しかし借金に慣れ過ぎてしまった人は、自分のお金も借りているお金をも区別がつかなくなるようです。

借金する人の特徴はどのようなものなのでしょうか?
そしてその借りたお金は、いったい何に使うのでしょうか?

お金はどこへ

90年代はパチンコブームでもありました。この頃のCR機は爆発すれば大きな儲け、負ける時はあっという間に2、3万なくなります。朝から毎日パチンコ屋に並ぶ人は高確率でお客様=借金する人です(笑)。普通に考えて、お給料だけであれだけ遊べるはずがありません。主婦もパチンコにハマり、旦那に内緒で借金する人も増えてきました。

そして借金する人に共通してるのは、不思議とカードから借りるのにみんな、

「カードからおろしてくる」

と言いますね。カードからおろすというのは自分のお金。あなたは借りてるんですよと、目を覚まして欲しいものです。

又、衣服や車など借金する人は借金しない人より間違いなく生活レベルは高いです。欲しいものは我慢しないんですね。

借金する人の借入れの目的として、最初は遊興費や生活費がほとんどですが、その延長線上には最後「他社に返済するために借りる」という自転車操業が待っています。こうなったら最後、借りては返す、借りては返すのスパイラルに陥ります。

冒頭お話しした「誰にも知られずこっそり借りられる」というのは、あくまでも正常に支払いを続けている時の話しです。支払い日を一日でも遅れる事があろうなら容赦無く、借金する人の自宅・勤務先へと督促の電話がなりまくることになります。

消費者金融の名前を出さず、個人名での電話ではありますが、やはり明らかに督促の電話というのは怪しさ満点で、敏感な人にはすぐにバレます。家族にならまだしも、勤務先ではそう言う噂だけで命取りです。何件も立て続けに個人名で会社に電話が行く人は、会社から怪しまれて、

「○○さんいますか?」

と聞くと会社の人間が本人になりすまし、

「私が○○ですがなんでしょう?」

などと言われてしまうことも多々ありました。

借金する人は借り始めたら最後、自転車はこぎ続けなくてはならないのです――。

とはいえ、必要なのはお金。他人からの余計な話ではありません。
ここまでお読みいただいても、なおお金が必要というのは、それは差し迫った事情があるのでしょう。ということで、即日、借りたいならこちらです。
今すぐに、お金が欲しい人はこちら。
http://www.judaica-star.com/